介護福祉士のケアマネジャー試験過去問奮闘記!№3

ケアマネジャー試験対策で過去問を現在勉強中です。

今は、保健医療サービスの知識等を一旦問題を解いたのですが35問中、13問が正解でした。昨年のケアマネジャー試験の合格基準に照らしてみると不合格の点数です。

介護福祉試験でも、保健医療分野は苦手で苦労した思いがあり、やっぱり苦手です。

1問ずつ、八訂介護支援専門員基本テキストを使って、内容の確認を行っています。

例えば、高齢者に多い症状や疾患について正しいものはどれか。3つ選べ

1、パーキンソン病の臨床的重症度の評価は、NYHAの重症度分類によって行う。

2、狭心症の発作に対しては、ニトログリセリン製剤の投与が効果的である。

3、褥瘡は、大転子部には発症しにくい。

4、疥癬は、集団感染の危険性がある。

5、肝不全の症状として、食欲不振、全身倦怠感、黄疸がみられることが多い。

私の解答は、2、3、4でしたが、正解は、2、4、5でした。1問不正解でした。

3、の問題の間違った理由を大転子部を理解していなかったので、八訂介護支援専門員基本テキストで調べて内容の確認と覚えることにしました。

5、の問題についても調べたら、肝不全の症状の食欲不振は無いだろうと思っていたら、食不振もちゃんと肝不全の症状としてあるのがわかりました。

このように、正解も不正解も八訂介護支援専門員基本テキストで確認しながらやっています。できるだけ早く過去問の勉強を済ませて、今年の予想問題に挑戦しようかと思っています。

介護福祉士のケアマネジャー試験過去問奮闘記!№2

介護福祉士で今年のケアマネジャー試験合格を目指して受験勉強しています。今日も一日介護業務を終えて帰宅しました。今日も疲れましたが、ケアマネジャー受験勉強を頑張ります。

1月も下旬となり今年10月に行われる「ケアマネジャー試験に合格するのだろうか!」、とっても不安です。

一応、第21回のケアマネジャー試験過去問に取り組んだ中で弱点は、やっぱり「保健医療サービスの知識」が苦手分野と判明しました。予測していたとおりの結果でした。

苦手分野はわかったのですが、今日からは全問の内容を理解することにしました。そこで、過去問を正解も不正解も含めて八訂介護支援専門員基本テキストで確認することにしました。

正解も十分理解していないことがあるかもしれないと思い復習の意味も含めてやっています。

まず、介護支援分野を全問確認することにしました。25問中13問が正解でしたが、問題の内容を正解・不正解を理解することはとても大事だと思っています。

ただ最初は、やり方がわからなかったので、基本テキストとの確認がうまくいかず苦労しました。例えば、介護保険法第1条(目的)に規定されている文言として正しいものはどれか。2つ選べ。の問題がありますが、介護支援専門員基本テキストの目次を調べてそれらしきページを探して確認していましたが、時間がかかります。

仕事をしながら時間を有効に使った受験勉強にはこのやり方は合いません。

そこで思ったのが、過去問の問題の表題を介護支援基本テキストの索引から調べると簡単にそれも早く見つける事ができました。

例えば、介護保険法第1条(目的)に規定されている文言として正しいものはどれか。2つ選べ。の問題では、索引で介護保険法第1条(目的)を逆引きして確認します。

すると目的のページがすぐわかり、関連の内容も確認するのがとても早く出来ます。

これで、過去問チェックの時間が大幅に短縮できました。是非みなさんもやってみてください。明日からは、苦手な「保健医療サービスの知識等」を出来るだけ早く理解するようやってみます。

介護福祉士のケアマネジャー試験過去問奮闘記!

昨日は、夜勤だったのでげっそり状態です。夜勤ているだけ?特にすることあるの?と言う人がいます。そんな人のために夜勤の仕事の内容を少し紹介しますね。

 

全く違います。日勤と比べると夜勤の方が忙しいくらいです。

 

夜中コールが鳴って行ってみると、本人にとっては大事なことなのですが、それは明日やればいいですよ!と言った内容がほとんどです。

 

また、定時にパット交換や俳佪者の見守りなど日勤より夜勤が忙しいくらいです。あっという間に朝です。

 

朝は、起床の介助だったり、朝の投薬準備などでまた忙しいのです。それが終わってやっと業務終了です。

家に帰って夕方前まで、睡眠をとって、ケアマネジャー試験の勉強を頑張りました。

 

先にお話しした、ケアマネジャー試験過去問無料サイト「ケアマネジャー試験対策」の過去問を実力チェックのつもりでやってみました。

 

介護福祉士の試験勉強で問題集を13年前にやったことがありますが、久しぶりの問題集です。

 

まず、何回目に実施されたケアマネジャー試験過去問をやるか選定しました。まず、現在の介護保険制度に合っているものとなると、2年前に制度改正があったので、第21回(平成30年度)のケアマネジャー試験過去問は、制度改正後になるのでこれをやってみました。

 

全部で60問、介護支援分野が25問、保健医療サービスの知識等が35問になっています。

 

これを、試験時間120分でやることになります。ボリュームがあるなあって感じです。五時からスタートして7時までやってみました。

気になる結果は、正解が介護支援分野が13問、保健医療サービスの知識等13問でした。合計の60問中26問正解でした。

 

第21回の合格基準は、介護支援分野13点、保健医療福祉サービス分野22点なので、今の実力では、不合格でした。

 

ただ、介護福祉士なので介護支援分野の正解率は良かったなあと思いました。一方、保健医療福祉サービス分野は思ったとおり苦手分野でした。

 

不正解の原因を、八訂介護支援専門員基本テキストを見ながら確認してみます。忙しい中ですが頑張ります。

ケアマネジャー試験過去問集が無料のサイトが有とっても良かったです。

年が明けてどうしても、ケアマネジャー試験過去問集を仕入れて実力チェックをしたいのでネットで調べてみました。

 

ケアマネジャー試験過去問集も、まず直近の過去問集で、介護保険制度改正対応版でないと意味がないのと安価なものと思い探してみました。調べていたら、中古やちょっと古い介護保険制度改正に対応していなかったりでなかなか探せなかったのですが、ありました。

 

2020年ケアマネジャー試験対策「https://care-siken.net/」と言うサイトで、数年分のケアマネジャー試験過去問集が無料で見れるようになっています。これで、実際に過去問集を購入しなくてもいいなあと思いありがたいです。

また、数年分のケアマネジャー過去問集が掲載されているので、これをやってみることで、出題傾向や制度改正の時の出題問題等がわかるなあと思っています。少しづつ利用してみたいです。

 

また、2020年のケアマネジャー予想問題集、これはもちろん新品ですが、おすすめ問題集として紹介されています。サイト管理者が書かれているように、ケアマネジャー問題集はどれいいのか迷っている人には最適です。

 

それと、毎年の試験日程や、試験会場、それぞれの都道府県の試験窓口など最新で掲載されています。2020年のケアマネジャー試験の受験手続もこれを見ればいいなあと思いました。

 

ケアマネジャー試験過去問集は、手に入れたけど実際やらなければ意味がありません。今月は、過去問集実施月と気を強く持って、試験勉強に励みたいと思います。

令和2年度ケアマネジャー試験に向けてスタートです。

今日から一般的に仕事始めの事業所が多いみたいですね。私は、正月早々夜勤で疲れました。

 

急に施設入所されている方が、夜中から発熱し当直の看護師と看病しながら、他の入所者の方も見なければいけないので大変な今年の正月でした。後は、日勤が主だったので少しは疲れが取れて良かったです。

去年、施設長からケアマネジャーの資格取得について言われていたので、正月には先輩からお借りしている、介護支援専門員の基本テキストを熟読しようと思っていたのですが、なかなか予定どおりいきませんでした。

 

と言うのが、都会に出ている同級生が帰ってきていて、会いたいということで1日は同級生と会って飲みに行って、帰ってきたらそのまま朝まで爆睡だったり、翌日は親戚が年始の挨拶に来られて、接待などやっていたらその日も一日何にもできない状態などで、正月は普通の日より忙しい気がしました。

 

そのようなことから、ケアマネジャー試験の勉強は基本テキストの介護支援分野を三分の一程度読んで理解したぐらいでした。

 

ケアマネジャー試験の介護支援分野は、私も介護福祉士なので、介護福祉士の資格取得の時にも勉強していたので、ある程度スムーズに理解ができました。

 

ただ、私にとって保健医療分野がなかなか理解がしにくくて、時間をかけないといけないのかなあと思っています。ですから、早め早めに、計画的に勉強をして、苦手分野の勉強に時間を取るようにしたいと思っています。

 

ネットでケアマネジャー試験の分野ごとの出題数を調べたら、介護支援分野が25問、保健医療サービスの知識等20問、福祉サービスの知識等15問合計60問になります。

 

苦手の保健医療サービスの知識等も20問なので合格点を取るためには、絶対に取らなければならない分野です。

10月にはまちがいなくケアマネジャーの試験があります。なんとか合格したいものです。そして、忙しい仕事をしながらの受験勉強から早く解放されたいです。

ケアマネジャー試験の情報収集

ネットでケアマネジャー試験を調べていたら、試験日程や試験会場、試験時間がわかったので、何となく気が楽になりました。2019年もあと少しで終わりで、2020年のケアマネジャー試験準備もスムーズにいけそうです。

 

来年は、まずケアマネジャー試験過去問集を入手して、今の私の実力をチェックしてみようかと思っています。おそらく、「保健医療の知識等の分野」は、ほとんどわからないと思いますが、実際の試験問題がどのように出題されているのか、どうやって答えるのかなどの確認にも必要になるのでやってみます。

 

ケアマネジャー過去問集をネットで見ると、結構高くて、1冊3,000円ぐらいします。久しぶりに問題集などの価格を見ると高いなあと感じました。過去問集と予想問題集を購入すると10,000円ぐらいなります。

施設から問題集代は、出ないのかなあと言っていたら、自分のキャリアップのための投資ですから自費ですと隣の介護士から言われました。

 

ケアマネジャーになって、施設からも認められて、給料のアップにつながれば必要な事かなあと思っています。でも、1回で合格しなかった人たちは、毎年試験問題集を購入しているのかなあとふと思いました。

 

1回で合格しなかった人たちは、問題集の他に受験申込料や、交通費などがしけ毎に必要になり、一回で合格しないと、費用も多くかかってまた、不合格ならば心が折れていしまいそうです。是非、一回で合格するよに勉強しなければと強く思っています。

八訂ケアマネジャー(介護支援専門員)基本テキストを見てみる。

先輩のケアマネジャーさんが、朝から「この八訂介護支援専門員基本テキストからケアマネジャー試験の問題はでるから時間のある時は見ていなさい。」てアドバイスをしてくれました。施設で購入している図書で2年ぐらいで更新される見たいですが、どんなものか見てみることにしました。

 

ただ、今日は夜勤明けで疲れましたので、帰ったらまず熟睡してそれから見てみようと思っていたら。夕方まで爆睡状態で、夜は友達との約束で食事することになっていたので、この日は、介護支援専門員基本テキストは全然開きもしませんでした。

 

やっぱり介護の仕事をしながら、ケアマネジャーの受験勉強はつらいものがあるなあ感じました。明日から少しづつやってみようと思います。また、今年のケアマネジャー試験の状況を知りたいと思います。来年の受験申し込みの時期や方法、どんな必要書類がいるのか参考に早めに理解しておくのはいいことだと思っています。

 

スマフォで、2019年ケアマネジャー試験をググッてみます。

 

ケアマネジャー試験は、毎年10月に実施されているのは、先輩のケアマネジャーから聞いたのでわかりました。最終的に日程は、例年6月に発表されるみたいです。また、受験申し込みの配布や受験申し込みの時期も6月くらいです。

ケアマネジャー試験奮闘記

県の社会福祉協議会のHPに今年のケアマネジャー試験の内容が掲載してあったので試験内容も少しづつわかってきました。

今年の試験日程は、10月13日(日)の10時からあったみたいです。私の県の試験会場は、車で2時間かかるので前泊の用意も必要ですね。それから、合格発表が12月3日(火)に行われるみたいです。

 

来年は、必ず10月に試験を受けて、12月に合格の通知をもらおうと気持ちを少し高めています。しかしながら、仕事と受験勉強の両立が不安でいっぱいです。先輩のケアマネジャーは、よく頑張ってケアマネジャーになったなあって、感心しています。

 

関心ばかりしてはいられないですね。現実の受験勉強に向けて頑張ろう!

ケアマネジャー試験に向けて何から手をつけるか?

2020年にケアマネジャーの資格を取得できるように計画していきたいと思っています。ただ、ケアマネジャーの資格は試験に合格して、実務研修を受講してケアマネジャーになるとはわかっていますが、何をどうすればいいのか?まずは、同じ職場の施設ケアマネジャーさんに相談してみました。

 

まず、先輩のケアマネさんが「介護福祉士だったらうまく勉強すれば一回で合格できるよ!」と言われ、え~そんな簡単じゃないと思いました。自分の合格する自信は今のところ五分五分ですと言いたかったです。

 

ケアマネジャーの試験は、毎年試験があって、私のところでは県の社会福祉協議会が受験申し込みなどの窓口になっています。ケアマネジャー試験を受けるには、まず受験資格を満たしていなければ受験できません。今持っている資格が介護福祉士なので、介護福祉士の場合は、5年間働いて、900日の実務日数が受験資格になるみたいで、私の場合介護福祉士なって今の職場で、5年以上で実務日数も900日以上のなので、受験資格は問題ないと思っています。

 

一番、重要なのは試験勉強です。先輩ケアマネに試験内容のことを聞くと試験問題数は60問題で、合格基準は問題数の70%以上を目標にすることと、はっきりと言われました。自分でも調べてみましたが、その年の試験の難易度で調整もされるみたいですが、60問題のうち正解が40問を目標にすればいいのかなあと思っています。改めて、これは「気を引き締めて受験に臨まないといけない」と思っています。

 

ただ、独学で勉強するとなると、よっぽど計画的にスケジュールを管理しないといけないと思っています。何故かと言うと、施設利用者さんの、状況により定時に帰れないことや、休日も疲れて何もしないでゴロゴロしている時があるので自分で、大丈夫かなあ~って思っています。

 

2019年のケアマネジャー試験も終わったばかりで、来年の受験まで1年ぐらいあります。計画を立てて受験勉強を進めていきたいと思います。

ケアマネジャーを目指す介護福祉士の自己紹介

特養(名称は特別養護老人ホーム)の介護福祉士として勤めて12年目になります。介護の仕事に就いた理由は、やっぱり高齢者のお世話をすることが私にとってあっていると思いやっています。ちょっと夜勤がつらいのがありますけど。

 

子供のころ、2世代の家族で暮らしいましたが、父・母が共稼ぎで、仕事で忙しいのでほとんど、おじいちゃん・おばあちゃんに面倒をみてもらいました。

 

とっても優しかったおじいちゃん・おばあちゃんも私が大学生の時に亡くなって、子供頃面倒見てくれた恩返しもとうとうできませんでした。昔からよく言われる”親孝行したい時に親は無し”。の様な気持ちでした。

 

そう言ったことから介護福祉士になって、高齢者のお世話をする仕事をやろうと思い介護福祉士の資格を取って仕事をやっています。

 

特養の仕事は、介護認定入所者30人のお世話になります。入所者は、認知症や寝たきりの方などさまざまで、介護度が高い人になります。在宅では家族も面倒が見きれない方になり、終の住処及び生活の場とする居住施設です。

 

介護職員の仕事は、入所者の日々の生活のサポートになります。おむつの交換であったり、排泄・入浴の介助、食事の介助など自分でできないことを介助してやる仕事です。

 

他にシーツや衣類の交換、介護記録の作成などの業務も介護職の仕事になります。高齢者への思いを胸に仕事に就いたものの、なかなか大変な仕事だとわかりました。

 

今回、特養の施設長からケアマネジャーの資格を取るように言われました。理由は、ケアマネジャーさんが一人都合で辞めたい相談があっているとのことでした。直ぐすぐではないそうですが辞められるのは間違いなさそうで、その補充として私にケアマネジャーの資格を取るようにと言うことでした。

ケアマネジャー試験奮闘記

私も介護福祉士の仕事をしながらの試験勉強になるので、しばらく考えましたが、介護職の中の中枢となるケアマネジャー、介護のスキルを磨くためにも頑張ってケアマネジャーの資格を取ってみることにしました。