2020年(第23回)ケアマネ試験に合格

仕事をしながらの受験勉強、更に新型コロナウイルスの感染拡大により環境が一変したことなど、大変ななかでケアマネ試験に合格しました。

2020年(第23回)ケアマネ試験合格発表

私の受験した県では、県の社会福祉協議会が県知事指定の試験事業者になりますが、12月2日に試験結果通知書を受験者全員に通知するとともに、県社協のHPには合格者の受験番号がPDFで開示されました。

その合格者の受験番号表を確認すると、私の受験番号が記載されていました。本当に良かったです。苦労して受験勉強したことが報われました。

当県のケアマネ試験の結果

受験者数921人、合格者数128人、合格率13.9%でした。過去の合格率を見てみると平成10年度の合格率が、40.67%でしたが毎年合格率は少しづつ下がってきています。

合格基準

①介護支援分野 問題数25問 合格点13点

②保健医療福祉サービス分野 問題数35問 合格点22点

※配点は1問1点

※介護支援分野、保健医療福祉サービス分野ごとに、正答率70%を基準とし、問題の難易度で補正した。

 

2019年からケアマネ試験の受験勉強に取り組んできました。最初は何から手を付ければいいのか、仕事をしながらの受験勉強はいつすればいいのか悩みました。

また、新型コロナウイルスの感染拡大で介護施設での利用者さんへのきっちりした感染防止対応や自らの体調管理などとても大変な対応を迫られました。現在も新型コロナウイルスの感染拡大防止は継続中で、日々感染拡大防止に努めています。

そんな中、先輩ケアマネのアドバイスやケアマネジャー試験に特化したサイトを参考に進めることができました。

今回のケアマネ試験に合格する自信は80%ぐらいありましたが、不安はありました。1回の試験で合格できて本当に良かったです。

今後は、ケアマネジャー実務研修が開催されます。この研修にケアマネ試験に合格者は参加して修了するとケアマネ業務が行えることになります。

予定では2021年1月に開催されます。スケジュール管理を行い参加します。